就職で有利になるJavaが学べるスクールが無料で体験できた!

 

こんにちは未経験からエンジニアになった高嶋です。

突然ですが、次のようなことを考えてませんか?

「初心者が始めるならどの言語が良いんだろう?」

「就職で有利な言語を学びたい!」

「一生仕事に困らない言語ってどれだろう?」

未経験の方は、このような疑問を必ず持ちますよね。

僕もプログラミング始める前は思っていましたが、結論を言うとダントツでJavaがおすすめです。

 

Javaがおすすめな理由3選

おすすめポイント①:就職で有利

まずは、就職に関することですがJavaを習得していると就職で圧倒的に有利になります。なぜかと言うと、Javaの求人が一番多いからです。(レバテックキャリアの調査によると、Javaは新規求人数が1位です)

今の時代に最も必要とされている言語といえるでしょう。初心者はまずはJavaを習得しておけばOKです。

 

おすすめポイント②:今後も需要がある言語

Javaは歴史の長い言語であり、これまで世界中で多くの開発に使われてきた実績があります。あらゆるプログラミング言語の中で、最も標準的な言語なので、そう簡単に他の言語に置き換えられることは考えにくいです。

そのため習得しておいて損することはない言語だと断言できます。

 

おすすめポイント③:他の言語に応用しやすい

Javaが持つ概念や機能は、他のプログラミング言語でも応用できます。なので多くの企業が新人エンジニア研修でJavaを取り入れています。

あなたが他の言語を学びたくなった時にJavaを習得しておくと非常にスムーズです。

 

Javaが学べるスクール

プログラミングが普及した今、Javaが学べるスクールは世の中にたくさんありますが

僕が圧倒的におすすめするのが、「ウズカレ」というオンラインスクールです。

 

このスクールの一番の強みは、基礎をみっちり教えてくれるところです。

実は、プログラミング初心者にとって一番挫折する確率が高いのが基礎の部分。

その基礎をみっちし教えてくれるので、初心者が挫折する確率をほぼゼロに!

 

学校の勉強でもスポーツでも基礎が大事なのは当たり前ですよね。

基礎ができないとその後に必ずつまづきます。

足し算ができない人が二次関数の問題を解くのは不可能なのと同じように、プログラミングでも基礎ができないと実務はできません。

 

「ウズカレ」は基礎をしっかり学び、経験者はもちろん文系の方でもプログラマーになれるように作り込まれています。

しかも挫折しないように個別指導になっているので、「私は飲み込みが遅いからな〜」という方にも安心です。

 

そんな「ウズカレ」は無料で説明会をやっています。

興味がある人はぜひチェックしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました